整形外科

担当医師

菅谷 郁夫[ 副院長/整形外科部長 ]

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

水町 隆雄[ 部長 ]

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

椎名 逸雄[ 部長 ]

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター

竹橋 広倫[ 科長 ]

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本人工関節学会認定医

池田 麗美[ 医長 ]

  • 日本整形外科学会専門医

浅沼 翔[ 医員 ]

高橋 宏[ 非常勤医師 ]

坂下 孝太郎[ 非常勤医師 ]

中川 隆嶺[ 非常勤医師 ]

整形外科のご案内

主に扱っている部位・疾患
  • 運動器に関すること全般
  • (骨)・骨折
  • ・骨粗鬆症
  • ・骨腫瘍 など
  • (腱)・断裂
  • ・腱鞘炎
  • ・腱炎 など
  • (関節)・変形性関節症
  • ・靭帯損傷
  • ・慢性関節リウマチ など
  • (神経)・腰椎椎間板
  • ・頸椎症性脊髄症
  • ・腰部脊柱管狭窄症 など
  • (筋肉)・打撲断裂

特に力を入れている分野

急性期の骨折・外傷・脊椎変性疾患・関節変性疾患・内視鏡下手術などです。

診療方針

的確な診断とそれに対する治療法を呈示します。セカンド・オピニオンを求めての他院への紹介をし、及び他院よりの紹介をうけます。ほとんどの疾患にクリティカル・パスが導入され、均一かつ平等な医療が受けられます。その結果、在院日数が短くなります。

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について

当院では院内の倫理委員会承認のもと、日本整形外科学会が定める症例レジストリーに参加しております。この制度は、手術の成績向上を目的とするものです。調査を行うには、患者様の生年月日・手術の内容・インプラント等のデータ登録が必要になります。登録時には氏名ではなくIDでデータが登録されますので、ご安心下さい。また、日本整形外科学会の内部だけで閲覧され、外部に公表されることはありません。この制度に患者様が参加していただくことはご本人様の自由意志によるものですので、登録調査をご希望されない場合でも、通常と全く変わりなく手術を受けることが出来ます。制度にご同意いただける場合は、同意書にご署名をお願い申し上げます。

国際骨粗鬆症財団(IOF)から銅賞の評価を受けました

国際骨粗鬆症財団(IOF)よりメダルを授与されている施設は国内52施設(2022年10月14日現在)であり、茨城県において当院は初の受賞となりました。

当院では2020年10月より多職種(医師・薬剤師・看護師・PT・放射線技師・栄養士・MSW・医事課など)で骨粗鬆症チームを立ち上げ、連携して二次骨折予防の取り組みを行って参りました。

今後も骨粗鬆症チームが中心となり患者様の骨粗鬆症診療に活かし、地域の骨粗鬆症患者様を少しでも減らせるよう努力して参りますのでご協力の程宜しくお願い致します。

整形外科部長 椎名逸雄

銅賞評価

医科と歯科との連携について(提供書)

当院では歯科との連携を図り、骨粗鬆症治療が円滑に行える体制つくりを構築しております。
下から情報提供書がダウンロードできます。

薬物治療開始前

医科 ⇒ 歯科(1-1)
歯科 ➡ 医科(1-2)

観血処置前

歯科 ➡ 医科(3-1)
医科 ⇒ 歯科(3-2)

観血処置後

歯科 ➡ 医科(4-1)
医科 ⇒ 歯科(4-2)

骨粗鬆症連携への取り組みについて

当院の整形外科にて骨粗鬆症リエゾンサービスが始まりました

当院では、骨粗鬆症患者様に多職種が関わって参ります。その結果、患者様に生活指導・栄養指導・リハビリ・薬物治療などの様々なアプローチを行え、骨折抑制を推進できると考えております。

骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)とは?

【 リエゾンとは 】

リエゾンとは、「連絡係」と訳され、診療におけるコーディネーターの役割を意味します。

【 目的 】

最初の骨折への対応および骨折リスク評価と、新たな骨折の防止、また最初の微弱性骨折の予防です。

【 サービスの提供対象 】

大腿骨近位部骨折例、脊椎椎体骨折例、その他の脆弱性骨折例、骨折リスクの高い例や転倒リスクの高い例、高齢者一般です。

すでに英国、豪州、カナダではこのようなサービスが実施され、多職種連携による骨折抑制を推進するコーディネーターの活動によって、骨折発生率が低下し、トータルでは医療費も少なくて済むことが報告されています。

骨粗しょう症連携手帳

当院では、右記の連携手帳を用いる事により、患者様がどの医療機関を受診されても情報共有が出来るように努めております。

新たな情報がありましたら、是非連携手帳に書き込んで頂き情報共有にご活用ください。

骨粗しょう症連携手帳

総合守谷第一病院の多職種連携

総合守谷第一病院リエゾンチーム 治療連携

旬の食材を使用した骨粗鬆症におすすめのレシピ

バックナンバー

診療科のご案内
診療科一覧
- 一般内科
- 心療内科
- 脳神経内科
- 循環器内科
- 消化器内科
- 呼吸器内科
- 外科
- 整形外科
- 形成外科
- 心臓血管外科
- 脳神経外科
- 小児科
- 皮膚科
- 泌尿器科
- 眼科
- 耳鼻咽喉科
- リハビリテーション科
- 放射線科
- 麻酔科
- 産科
- 婦人科
PAGE TOP