外来

外来診療科目

診療科一覧へ

消化器内科

消化器内科は食道、胃、小腸、大腸といった消化管のほか、肝臓、胆嚢、膵臓、さらに腹膜等広い領域の炎症・腫瘍・機能障害等の病気の診断治療を行ないます。

担当医師

・深澤 弘行
・宮崎 香織
・陶 経緯

・原 健
・内田 優一

週間担当医表

得意とする治療手技

◎内視鏡検査・治療
 ・早期胃癌の粘膜切開剥離術 EMR/ESD
 ・食道静脈瘤硬化療法、結紮療法
 ・胃、十二指腸潰瘍出血に対するクリップ、局注、ヒートプローブ止血術
 ・腸ポリペクトミー/粘膜切除術
 ・内視鏡的十二指腸乳頭切開
 ・バルーン拡張術/胆管結石排石術
 ・各種ステント挿入術
  など
◎潰瘍大腸炎・クローン病等炎症性腸疾患治療
◎C型肝炎治療
◎肝硬変治療
など

最近増加しつつある潰瘍性大腸炎の診断と治療につきましては積極的に取り組んでおり、難治例につきましては白血球除去療法等の最新治療も取り入れております。
また胃・十二指腸潰瘍に対しては、ピロリ菌除菌療法にて根治を目指しています。

肝臓疾患

B型肝炎、C型慢性肝炎の診断・インターフェロン療法、自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変・アルコール性肝障害の診断・治療、肝硬変・肝不全治療をはじめ、肝臓癌の早期発見のために精度の高い腹部超音波検査、CT検査を行っております。治療にあたっては、筑波大学放射線科助教授斎田先生のご協力のもと、肝動脈塞栓術、アルコール局注療法等を行っています。また、症例によっては国立がんセンター東病院とも協力し治療にあたっています。

胆嚢・胆管、膵臓疾患

胆石・胆嚢炎に対して内科的治療および当院外科と連携し、開腹せずに腹腔鏡的胆嚢摘出術を行っています。
総胆管結石に対しては、内視鏡的十二指腸乳頭切開・バルーン拡張術、砕石術を行い、やはり開腹せずに治療をしています。
急性膵炎・慢性膵炎急性増悪事には多臓器不全管理のため必要に応じてICUにて全身管理を行います。
また、診断につきましてはMRIを使って胆管・膵管を描出MRCP検査および、さらに正確な情報が得られる内視鏡的逆行性膵胆管造影ERCPも行っています。

胆嚢・胆管癌、膵臓癌については積極的手術適応のある患者様はあえて筑波大学附属病院、国立がんセンター東病院等へ紹介させていただきますが、閉塞性黄疸に対する胆管ステント留置など内視鏡的治療は当院にて積極的に行っています。

To Top
▼ お知らせ
▼ 看護部
▼ 採用情報
交通案内
▼ サイトマップ
▼ 当院について
ごあいさつ
理念・基本方針
品質方針
患者様の権利
施設概要
沿 革
フロアーご案内
広報誌
医療機能評価機構認定病院
個人情報保護について
一般事業主行動計画
医療安全管理室
院内感染対策
臨床指標の公開
訪問診療
▼ 外 来
外来診療時間
休診のお知らせ
週間担当医表
外来診療科目
初診・再診の方へ
検査について
健診・人間ドック
救急外来のご案内
患者相談支援センター
Q & A(何でも相談室)
▼ 入 院
入院手続き・持ち物
設備について
特別療養環境
日常品の料金・駐車料金
入院費のお支払い
入院中の生活
入院中の注意事項
安全のためのお願い
書類の申請
退院手続き
患者サポート窓口
▼ 光仁会グループ
ひかり訪問看護ステーション
(守谷)
ひかり居宅介護サービス
(守谷)
すこやかルーム
第一病院
ひかり訪問看護ステーション
(金町)
ひかり介護支援事業所
(金町)
西水元クリニック
▼ 医療関係者の方へ
採用情報
臨床研修医募集
地域医療連携室のご案内
薬剤部のご案内